個人的フィギュアレビュー

2分で読めるフィギュアの写真と感想【毎週水・金・土・日更新】

【3/5】映画「五等分の花嫁」 スーパープレミアムフィギュア “中野二乃” 最後の祭りが二乃の場合 (セガ)

9/22リリース、セガ SPMシリーズ、五等分の花嫁 中野二乃 最後の祭りが二乃の場合ver.をレビューします。
公式サイトによると、二乃らしい自身のあるポーズ、とのことですが…果たしてどうでしょうか。

【全身】


学園祭の露店のシーンの再現のようですね。
制服の上にエプロン姿です。

【顔・髪】


セガの二乃の顔は毎度クセが強いですが…今回もまたかなり人を選ぶ要素があります。
ご覧の通り口の造形が独特で、昔のアスキーアートの「トェェェイ」のようになっています。

 


もう少し口角の表現が控えめなら悪くないと思うのですが…
深めの角度からだと鼻の下端くらいまで口角が持ち上がるため、顔の印象が崩れやすいです。


髪は二乃にしては色味が抑えめでしょうか。
造形は可もなく不可もなしです。

【上半身】


立体的な模様の入ったエプロンが特徴的です。
模様のおかげか、シワが少なめでもあまり単調な感じはしません。


制服の造形も悪くはなく、質感の面でもセガとしては比較的良好なように感じます。


爪には塗装がされています。

【下半身】


特徴的な緑色のプリーツスカートと白いオーバーニーソックスです。


脚の造形は比較的メリハリが効いていて良いように感じます。


質感もスムースかつマットな仕上がりで良いのではないでしょうか。
靴までマットなのは若干気にはなりますが…

【台座】


白い円盤です。

【総評】評点 3/5
口の造形さえもっと大人しければ悪くないフィギュアだったと思うのですが…
私個人としてはちょっと受け入れがたい仕様だなと思いました。